コラム

リーダーシップとは?|マネジャーに必要なスキルとしてのリーダーシップ

曖昧なリーダーシップの定義

あの人はリーダーシップがある、リーダーシップがない。

日常的に使われる「リーダーシップ」という言葉ですが、リーダーシップとは何か?と問われると、多くの人は言葉に詰まるのではないでしょうか。

一般的な用語として定着していますが、実はリーダーシップは非常に抽象度が高い言葉です。

誰もがイメージとして理解できるのに、その意味合いは人それぞれ異なっています。

では、ビジネスの現場でマネジャーに求められるリーダーシップとは、いったい何なのでしょうか。


マネジメントに役立つ資料をまとめてダウンロード

リーダーシップとは?

リーダーシップは、学術的にも実務的にも諸説あり、色々な場面や文脈で使われています。

リーダーシップについては経営学者のドラッカーをはじめ多くの研究が行われ、さまざまな理論が生まれました。

一方で、実務面でみると、沢山あるリーダーシップの種類を知っていることにさほど意味はなく、実際に行動して状況にあったリーダーシップを発揮することにこそ意味があります。


リーダーシップをマネジメントスキルとして効果的に発揮するには、リーダーシップの定義と、その構造及び与える影響を理解することが必要です。

組織行動論を専門とする神戸大学大学院の鈴木竜太教授が、リーダーシップの定義について下記のように述べています。


リーダーシップとは、集団のメンバーが目標達成に結びつく行動を促していく能力


リーダーシップの定義として非常に明快です。

リーダーシップの基本的構造と与える影響

リーダーシップの構造と与える影響について考えます。

リーダーが働きかけるアプローチには2つの方向性があります。

この2つを使って、成果を創出するのが会社組織におけるマネジメントの役割です。


直接的リーダーシップ

部下の態度や行動に対して、リーダーの行動で直接的に働きかける


間接的リーダーシップ

組織の制度や文化の醸成といった環境面で間接的に働きかける


指示やOJT、1on1での対話といった直接的リーダーシップの影響力は大きく、個人やチームなど小さな単位に働きかけることに向いています。

マネジャーにとって主体となり、利用頻度が高く、最も必要なリーダーシップです。


カルチャーや人事制度、職場のルールや働き方といった間接的リーダーシップは、影響力は小さいものの、より広い集団に、持続的に働きかけることに向いています。

経営レベルが発揮するリーダーシップはこちらが主体となります。


ただし、マネジャーも自組織における間接的リーダーシップを疎かにしてはいけません。直接的リーダーシップと間接的リーダーシップは両方必要です。


感覚的にリーダーシップを発揮している方も多いと思いますが、定義と構造が理解できると、あやふやだったリーダーシップが明確になり、より効果的に使えるようになります。

自分自身のリーダーシップは、直接的と間接的の両方が発揮できているか?片方が疎かになってしまっていないか?ぜひ考えてみてください。

参考:『自律的な協同を促すリーダーシップ』Harvard Business Review July2020 Ryuta Suzuki

VUCAの時代に必要なリーダーシップ

VUCA(ブーカ)とは、Volatility(変動性)、Uncertainty(不確実性)、Complexity(複雑性)、Ambiguity(曖昧性)という4つのワードの頭文字から取った言葉です。

元々は米国で軍事用語として使われはじめた言葉で、予測困難で不確実性が高いことを示しています。

今直面しているコロナウィルス後の世界は、まさにこれまでにないVUCAの時代であり、必要となるマネジメントのリーダーシップは、過去と変わっていくはずです。


ビジョンを語り、大きな目標を掲げ、困難に立ち向かう、いわゆるカリスマ型や変革型のリーダーシップは強力であり、有無を言わせぬ力があります。

一方で、そのリーダーシップは、ビジネスの現場において誰もが発揮できる類のものではありません。

カリスマ型のリーダーシップは、リーダーの言う通りに仕事を強力に進めさせる力がある一方で、現場の主体性を削いでしまったり、異なる意見が生まれにくくなります。


変化が激しく不透明な世の中では、現場の状況は日々変わっています。

現場のメンバーが主体的に考え、行動し、協働するように導く、そのような行動を引き出すリーダーシップの方が不確実性に対処でき、むしろ有効かもしれません。

そして、このようなリーダーシップの姿は、前述のリーダーシップの構造を理解することによって、全てのマネジャーが努力して発揮できるものであるといえます。

リーダーシップはマネジメントスキルとして身につけることができる

リーダーシップは社会人になってから後天的に獲得するのは難しいと言われることもあります。

確かに、テスラのイーロン・マスクや、ソフトバンクの孫正義のような強烈なリーダーシップを持ったビジネスリーダーを、後天的につくることは不可能でしょう。

しかし、リーダーシップの構造を理解することで、メンバーが目標達成に結びつく行動を促していくレベルのリーダーシップの発揮は可能です。


実務レベルで有効なリーダーシップは、後天的に習得できるスキルといえます。

会社組織においては、カリスマばかりが必要ではありません。ひとりの良きリーダーによって、チームを導くことは十分できるのです。

ぜひ明日からリーダーシップが発揮できるようトライしてみてください。

マネトレでは、マネジメントや人材育成、組織開発に役立つさまざまな資料を、無料で公開しています。ぜひお気軽にダウンロードください。