なぜ人と組織は変われないのか?|変化を阻むメカニズムとその対処法
なぜ人と組織は変われないのか?|変化を阻むメカニズムとその対処法

なぜ人と組織は変われないのか?|変化を阻むメカニズムとその対処法

どうして人や組織は変わってくれないのか?なぜ自分はより良い上司に変われないのか?
部下に対しても、組織に対しても、自分自身に対しても、マネジメント経験者であれば誰しも一度は思ったことがあるのではないでしょうか。
こうした問題を乗り越えるためには、その背景やロジックを理解し、それに対処するために考え方や行動を変える必要があります。

今回は、米ハーバード大学教授で発達心理学と教育学の権威である、ロバート・キーガンとリサ・ラスコウ・レイヒーによって書かれた『Immunity to Change: How to Overcome It and Unlock the Potential in Yourself and Your Organization(邦題:なぜ人と組織は変われないのか?)』から、そうした事象のメカニズムとその対処法について解説します。

人には変革を妨げる免疫機能が備わっている|人は相反する目標を同時に持つことができる

人は本心からやりたいと思っていることと、実際にできることに大きな溝があります。
コーチング研修を受けたけれど、1ヶ月後には元のマネジメントスタイルに戻ってしまった。
目標設定のミーティングで部下が頑張りますと言ってやる気を見せていたが、側から見ると以前と変わらない。
経営陣から組織の変革が大々的に叫ばれたけれど、1年経ったが評価も人員配置も登用も何も変わらず組織にも変化はない等、こうした場面は日常よく目にします。
すると、私たちはどうしても個人を責めたり、組織を責めたりしてしまいがちです。

しかし、明らかに良い変化であっても、変化すること自体が人にとって非常に難しいことであり、ほとんどの場合、個人や組織のやる気や怠慢によるものではありません。

変革がうまくいかないのは、本人がそれを本気で目指していないからではない。心臓を病んでいる人が禁煙の目標を貫けないとしても、その人は「生きたい」と本気で思っていないわけではないだろう。
変革を実現できないのは、二つの相反する目標の両方を本気で達成したいからなのだ。人間は、矛盾が服を着て歩いているようなもの。そこに、問題の本当の原因がある。
※引用:『なぜ人と組織は変われないのか?』ロバート・キーガン,リサ・ラスコウ・レイヒー著

私たちは、自分を変えたいと思っているけれど、同時に自分の核となる部分を守りたいという思いも抱いています。
人は矛盾している生き物であり変革を阻む免疫機能が備わっているため、変わりたいという表面的な目標の裏に、自分でも感知していない変わりたくないという裏の目標(固定観念)が存在しているからです。

その結果、目標を達成しようとしても、裏の目標により阻害行動が生まれてしまい、中々変わることができません。
この人が持つ自分自身が望んでいる目標の達成を妨げてしまうメカニズム(変革をはばむ免疫機能)は非常にやっかいです。

表に現れない本音の部分を明らかにしなければ変われない

例えば、あなたはマネジャーで、チームとして高い成果を上げたいと考えています。そのためには、自分のマネジメント手法を改めて、よりメンバーをモチベートできるマネジャーに変わりたいと目標を立てました。

しかし、本気でそう思っているものの、なかなかうまく実行に至らず、チームの成績もパッとしません。その時、下記のような状態が発生しています。
※本書ではこれを免疫マップと呼びます

なぜ人と組織は変われないのか?|変化を阻むメカニズムとその対処法

この場合、無意識の本音の部分である「裏の目標」と、さらに裏の目標を生み出す自分にとって無意識レベルで当たり前になっている「強力な固定観念」が改善目標の達成を阻む行動を生みだしてしまいます。
本気で変わろうと思っているのだけれど、それとは違う行動をどうしても取ってしまう
のです。

このケースでいえば、上司という立場であることがアイデンティティの一部であり、その立場により自分自身の価値を感じ、自尊心を満たしている。
そうした固定観念があると、部下より有利な立場にいたい、それを認識していたいという本音の部分が無意識に生まれ、そうした状態を維持する阻害行動が発生します。

自分は部下より優れていると本音では思っていると、部下のやることなすこと、「こうした方が上手くいく!」と思ってしまい、自分が考える最善の方法で実行させたいと思う気持ちが生まれ、指摘せずにはいられなくなります。

私たちは誓いを立てるとき、なくすべき「悪い行動」と増やすべき「よい行動」にばかり目を向けます。「改善目標」を立て、それを実現するための「よい行動」を考え、「悪い行動」をやめよう、と決心します。

しかし、強力な阻害行動を取らせる原因である、表に現れている価値観とはまた違う価値観(矛盾した価値観)である裏の目標、固定観念を明らかにしないかぎり、問題を解決することはできません。
裏の目標を明らかにし、自己認知し改善しなければ、変わることはできないのです。

変革のためのステップ|免疫MAPの作り方

先に挙げた図(免疫MAP)を埋めていく作業を行いましょう。具体的には下記4ステップになります。

免疫MAPの作り方
  1. 「改善目標」を決める。
  2. 「阻害行動」を徹底的に洗い出す。
  3. 「裏の目標」をあぶりだす。
  4. 「強力な固定観念」を掘り起こす。

第1に、改善目標を立てます。これは皆さん慣れており、すんなりとできると思います。
次に、「阻害行動」を洗い出します。

阻害行動を洗い出す

どのような行動を取っているせいで、あるいはどのような行動を取っていないせいで、「改善目標」の達成が妨げられているのかを明らかにします。
ここに書き込む要素はすべて、改善目標を達成する足を引っ張るものでなくてはなりません。
ここでは、好材料の洗い出しは目的としておらず、意図せずして目標達成を妨げている行動はなにかという点のみ洗い出します。

リストアップする阻害行動は、具体的であればあるほど好ましいです。
例えば「いらいらしてしまう」「部下が違う意見を言うと居心地悪く感じてしまう」と書くかとします。
しかし、これらは阻害行動として理想的とは言えません。いずれも心理状態を表現していて、行動を表現していないからです。
そういういらだちや、居心地の悪さのせいで、どのような行動を取ってしまうのか?あるいは、どのような行動が取れなくなるか?まで深掘りする必要があります。

ここに書き込む要素が多いほど、そして記載が率直であるほど、最終的な効果は高まります。
記した内容は誰に読ませるわけでもありませんので、自分で自分に対する密告者になったつもりで、徹底的に自己点検をしましょう。

この段階では、どうしてそのような行動を取るのかは問題にしなくて良く、解決策を考える必要もありません。
まずは、自分の取っている行動を正直に詳しく記すことに専念しましょう。

裏の目標をあぶりだす

裏の目標はすべて、自己防衛という目的との関わりが明確でなくてはなりません。特定の不安と強く結びついている必要があります。

例えば「部下より有利な立場にいたい」という裏の目標を書き込んだとしても、自己防衛との関わりが明確ではありません。どういう危険から自分を守りたいのかが見えてこないからです。
「部下より有利な立場にいたい。家庭では妻が強く子供にも尊敬されておらず自分の立場が低い。せめて仕事では自分の価値を誇示したい、思い通りに進めたい。」というところまで掘り下げて書くべきです。

また、裏の目標を達成しようとする場合、合理的に考えて、阻害行動のうちのいずれか(もしくは全部)が必要とされなくてはなりません。
「Xという目標をいだいているのであれば、Yという行動を取るだろう」という合理的な関係が成り立つ必要があります。

リストアップしていくと、裏の目標を達成するうえで阻害行動がきわめて重要な役割を果たしていることが理解でき、阻害行動を改めようとするだけでは改善目標を達成できないと納得できるはずです。
また、裏の目標を見ることで、自分が二つの目標(相反する価値観)の間でジレンマに陥っていることを実感できるはずです。

強力な固定観念を掘り起こす

ゴールに到達できないのは、そこに向けて真剣に進もうとしても、それと同じくらい強い力で押し戻されるからだ。その点を認識する必要がある。
矛盾して聞こえるかもしれないが、変革への道は、変革を妨げているのが自分自身の内面のシステムなのだと十分に理解してはじめて開けてくる。
※引用:『なぜ人と組織は変われないのか?』ロバート・キーガン,リサ・ラスコウ・レイヒー著

十分に裏の目標が明らかになったら、対象になりうるような強力な固定観念を掘り起こし、リストアップします。
また、強力な固定観念の一つひとつについて、いつ、その固定観念が生まれたのか?その後、どういう変遷をたどってきたのか?を考えます。

変革に向かうための具体的な方法

(1)阻害行動を改める

(2)裏の目標に反する行動を取る

強力な固定観念のもとで「取るべきでない」とされる行動をあえて実行し、どういう結果を招くかを確認します。その結果に照らして、自らが持っているその固定観念が本当に正しいかどうかを検証します。

(3)固定観念に直接切り込む

その固定観念の本質をなす「もし〜なら、〜である」という論理の妥当性を検証するためにはどういう実験やデータが必要かを考えて、それを実行します。
また、その固定観念をくつがえす材料がないかどうかを探すことも良いでしょう。

人や組織が変われないのは意志の弱さが原因ではない

いかがでしたでしょうか?
これまで目標が容易に達成できないのは、その人の意志の弱さが原因ではなく、「強力な固定観念」や、それに起因する「裏の目標」といった自分の中に潜んでいる改善目標とは別の価値観により、「阻害行動」という別の価値観にとってきわめて理想的で有効な行動を無意識に実行しているということにあります。
これは個人の集まりである組織においても同様のメカニズムが発生しています。

「変わりたいと思っているのに変われない」誰しも思い当たる節があるかと思います。

メカニズムについては深く納得したものの、今回ご紹介した裏の目標や固定観念をリストアップする作業を実際やってみると、ひどく居心地が悪く、リストを消し去りたいと思うような感情が生まれるかもしれません。

しかし、そうした作業は、自分自身が気づいていなかった固定観念の発見や、変化をもたらすきっかけになるはずです。
もし変わりたいと思っても変われない人や組織があるのであれば、ぜひ試してみてください。

※参考:『なぜ人と組織は変われないのか?』ロバート・キーガン, リサ・ラスコウ・レイヒー著

▶ マネトレは、リーダーやマネジャーのマネジメント力を高めることで、組織のさまざまな課題を解決します。「コーチ」と「マネジメントナレッジ」を提供する新しいマネジャー育成サービスです。

マネトレでは、マネジメントや人材育成、組織開発に役立つさまざまな資料を、無料で公開しています。ぜひお気軽にダウンロードください。