コラム

組織を改善していくためのPDCの回し方

組織改善のPDCとは?

サーベイで組織の課題は分かったけど、どうやって改善に取り組んでいけばいいか分からない。

チームのありたい姿に対してどう近づけていったらいいか分からない。

このような悩みをお持ちの方は、管理職や人事の中に多くいらっしゃると思います。

今回は、そんな悩みの助けになる、組織を改善していくためのPDCはどういったものなのか?その過程で発生する問題はどんなことか?についてお話しします。

組織開発の3ステップ「見える化(課題把握) → 対話 → 改善アクション」

組織改善のPDCは、「見える化(課題把握) → 対話 → 改善アクション」この3つのステップを回していくことで行います。

まず、自チームの課題を把握することがファーストステップです。

課題把握のため行動は、基本的には「従業員サーベイによる可視化」もしくは「ありたいチームの姿から足りない部分を逆算」このどちらかによって行います。

これはどちらでも構いませんが、ありたいチームの姿からの逆算で設定する方法を、全社に適用するのは難度が高いので注意が必要です。

チームを率いるマネジャー自身がありたい姿を持っていないと、ギャップの把握ができないためです。

仮に管理職研修をして、全員に無理やり目標を設定させても、本心ではそういった理想像を持っておらず、当然ながら自分事として捉えられない。現場に戻って一向に実行されないケースはよく見られます。

そのため、全社的に組織改善に取り組む企業の大半は、従業員サーベイによる組織の可視化によって、今現実問題として起きている「課題の把握(見える化)」を行います。

ステップ2:対話によって課題の原因を探る

「従業員サーベイによる可視化」もしくは「ありたいチームの姿から足りない部分を逆算」で課題を把握したら、次はメンバーとの「対話」によって、なぜ課題が発生しているかの原因を探っていきます。

ここでいう対話は、どうして課題が発生してしまっているのか、どうして認識違いが起きてしまっているのか、お互いの違いを把握する行為です。

メンバーへのヒアリングとは異なるので注意が必要です。

違いを明らかにするには、相手の考えを聞きつつも、自分の考えを伝えてお互いのギャップを見える化する必要があるためです。

※対話については別コラムにまとめていますので、そちらも参考にしてみてください。

関連記事:効果的な部下との対話とは?


対話のスキルを身に着けていないマネジャーは案外多く、対話をすっ飛ばしてしまい、自身のモノサシで考えてはみるものの、「課題の原因が分からない、思い当たらない」と、止まってしまう方も多いです。

課題の原因が分からないというのは、組織改善のPDCが止まってしまうポイントの一つです。

自分のモノサシでは理解することができないから認識の齟齬(課題)が存在しているのですから、やはり対話というステップは必要です。

対話が苦手なマネジャーに対しては、「課題の原因例」を基に内省を促すと、思考の幅が広がり、自身の足りていない部分を想像することができるようになります。

結果、メンバーとの対話をスムーズに行えるようになります。

上司や人事は、マネジャーの内省の面でのサポートも、意識して実施していく必要があります。

ステップ3:改善アクションを設定する

メンバーと自分の考え方のギャップを明らかにした後は、どうやって改善するか、改善のための行動・変化を決める必要があります。

この段階では、対話ではなく、リーダーが意思決定しなくてはいけません。

ところが、ここで現場マネジャーには「課題は分かったけれど、どう解決したらよいか分からない」という問題が頻発します。

その結果、「サーベイを行って課題は分かったけれど、課題が放置されている」組織がたくさん生まれているのです。

もちろん、きちんと内省ができ、自分自身で方法考え、改善サイクルを回していけるマネジャーもいます。

一方で、見たことも経験したこともない問題に対処ができないマネジャーはかなりの数発生します。

世代間の考え方の違いが大きくなっている中、マネジャーの経験値だけでは対処できない組織課題は益々増えています。

現場が実際に改善サイクルを回していくためには、こういった悩みがマネジャーに発生することを前提に、上司や人事は適切にサポートする内容や方法を考えることが重要です。


いかがでしたでしょうか?

もし御社で組織改善のサイクルが上手く回っていないのであれば、それは現場がどう進めたらいいか分からず、放置されてしまっているのかもしれません。

発生している問題をサポートする上司や人事の体制が準備出来ていないのかもしれません。

強い組織をつくるために、どうやって改善サイクルを回していけばいいのか、ぜひ振り返ってみてください。

マネトレでは、オンラインコーチが365日マネジャーをサポート。

人事や上司だけではサポートが難しい、組織課題の原因や、その解決策についてアドバイスを行っています。

新型コロナの影響でリモートワークが進み、マネジメントが益々難しくなっている中、社員だけでなくマネジャーをサポートする形も考えて行く必要があります。

組織改善サイクルを回していきたい企業様は、ぜひお気軽にマネトレにご相談ください!


お問い合わせはコチラ