コラム

マネジャーの必須スキル「対話」とは?|効果的な部下との対話の方法

マネジメントに必要な対話のスキル

当社マネトレのコーチに対して「部下とどのようにコミュニケーションを取ったらよいか?」というご相談を、多くの管理職の方からいただきます。

部下との「対話」のやり方が分からない、間違えてしまっている、勘違いしている方は非常に多いです。

特に従業員サーベイを実施している企業においては、課題が出てきた後の部下との対話の方法に関する知識がないために、結果を上手く活かせないケースが散見されます。

せっかく良いチームを作ろうと思っても、対話の仕方を間違えてしまうと、逆の効果を生んでしまうこともあります。

今日は、間違えやすい対話の方法についてお話しします。

対話は「議論」ではなく、「違いに気づくこと」

対話は、「議論ではない」という点をまず意識しましょう。

対話とは、あなたの意見をメンバーと議論して納得させることや、部下からの要望をヒアリングすることではありません。

議論では、話し合いを通じて、何らかの結論を決めます。

ヒアリングでは、要望を聞き出します。

対話のない状況で議論をしてしまうと、違いがあった際に部下のやる気をそいでしまう可能性が高いです。あなたと部下ではパワーバランスが異なるので、真に議論することは難しい。

ヒアリングでは、本来組織を一緒に主体的に変革してほしい部下を、要望を出しそれが改善されることを期待する傍観者にしてしまいます。


そうではなく、対話とは、それぞれの「意見や認識のズレ」に気づくための行為です。お互いの、違いを明らかにする行為です。

そして、お互い、相手の意見をいったん受け入れる、考えている背景を理解することを対話といいます。


最終的には議論をしても良いですし、あなたが決めてもいい。

部下とあなたでは持っている情報量もスキルも異なるので、結論が違うことはままあります。

しかし、メンバーの納得度や、モチベーション高くその意思決定に賛同してもらうには、その前に、まずマネジャーは、部下との違いとその背景を理解する必要があります。

それが、対話です。

あなたがそう考えるように、部下にもそう考える理由がある

誰でも自分に対する反対意見や都合の悪いことを受け止めることは難しいものです。

相手の言うことが「違う」と感じたら、対立をしてしまう。

自分の正しさを論理的に説明し、論破しようとする。

上司であれば、「それは違うよ」と、すぐ説得、または指摘をしてしまう。

ですが、それは対話とは呼びません。

自分の正しさをいったん保留し、相手が考える理由や背景について、そのことを認める。

自分とは違う正しさがあることを認めることが必要です。


部下も馬鹿ではありません。

あなたとは違う人生を生き、あなたとは違う人格を持っています。若いがゆえに経験が足りないかもしれません。

しかし、部下にも部下なりにそう考える理由があります。当たり前ですが、あなたと同じように考えた背景や理由を持っています。

あなたの方が正しいかもしれないけれど、まずは部下の考える理由を受け止める。理解しようと努める。


意見が異なれば、受け止めた上で、あなたの考えを理解してもらうよう努める。

その結果、あなたの意見が変わってもいいし。変わらなくてもいい。

部下の考えている背景を理解し、あなたの考えの背景も理解してもらい、それでも意見が異なる場合はあります。

上司と部下では情報量や見ている景色は違って当たり前です。

最後はあなたがジャッジすればいい。

意思決定の背景を伝えればいい。

それでも、まずは、一回部下の考えを受け止める。

そのことが、信頼関係を構築するには重要です。それが対話です。

部下を傍観者にしてしまう「ヒアリング」にはご用心

何が悪い?どうしたらいいと思う?とヒアリングだけをすると、部下の態度が、評価者、傍観者になってしまいます。

本来は一緒に組織を良くするために協力して欲しかったはずなのに、要望が実現されるように期待をするようになり、当事者意識がなくなってしまいます。

素直で向上心のあるマネジャーの方は、部下に対してよくこの失敗を犯しています。

組織を良くしようとした結果、逆にチーム状態を苦しいものにしてしまうのです。

部下にも主体性を持たせるためには、

「自分だけで意思決定をせず、部下も含めて一緒に考えること」

「部下も共に改善を図るメンバーだと思ってもらうこと」

が大切です。


そのため、部下に対し、あなたはどう貢献できるか?どのような形なら協力してもらえるか?という姿勢を持つことが重要です。

要望だけ聞いてしまうことは避けなくてはなりません。

要望だけ聞くと、部下は傍観者になり、その要望が実現されることを期待します。

あなたの考えを伝え、お互いの違う背景、文脈を理解しようとする「対話」と異なり、部下の意見だけを聞くヒアリングは使い方に注意が必要です。


あなたのコミュニケーションは対話でしょうか?ヒアリングでしょうか?それとも議論でしょうか?部下とのコミュニケーションを避けていないでしょうか?

明日からすぐに部下との「対話」をはじめてみましょう。